送料全国一律550円 初回はクーポン利用で送料無料!

結婚祝いで人気の飲みやすいシャンパン・スパークリング特集|流行りの銘柄もチョイス!

「見た目にも華やかな結婚祝いで、盛大にお祝いしたい!」そんな時にぴったりなのが“シャンパン”。グラスに注ぐとシュワシュワと泡立つ様子がお祝いのシーンに華を添えてくれます。この記事では結婚祝いのシャンパンの選び方と、おすすめの銘柄をご紹介します。

「絶えない幸せ」を意味する素敵な結婚祝い“シャンパン”

「絶えない幸せ」を意味する素敵な結婚祝い“シャンパン

大切なパートナーとの結婚は、人生の中でも特別なお祝い事。友達や親戚、職場関係の仲間など、身近な方が結婚したのであれば、結婚祝いで祝福できると素敵ですよね。

もし結婚祝いのアイテムに悩んでいるのであれば、“シャンパン”を贈ってみてはいかがでしょうか?

グラスに注ぐとシュワシュワと泡が立ち昇り続けるシャンパンは、「絶えない幸せが湧き起こること」を意味する縁起の良いお酒

結婚祝いのような、華やかなお祝いにぴったりです。

しかし、一言に“シャンパン”といっても、それぞれ個性が異なります。この記事で、結婚祝いに喜ばれるシャンパンの選び方を詳しく見ていきましょう。

そもそもシャンパンってどんなワインを指すの?

そもそも“シャンパン”とはどのようなお酒なのか知っていますか?あまり日常的に飲むお酒ではないですから、

「ちょっとお高めな白のスパークリングのこと?」
「特定のブランドから販売されている“シャンパン”という銘柄では?」

なんて、詳しくない方も多いかと思います。

シャンパンとはスパークリングワインの一種で、「フランスのシャンパーニュ地方でつくられ、かつフランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしたもの」¹を指します

つまり、スパークリングワインの中でも、“特定の地域(シャンパーニュ地方)”かつ“特定の条件下(AOC法)”で作られた、厳選された一部のみがシャンパンとして認められているのです。

AOC法の規定は非常に厳しく、ワインの製造方法はもちろん、使用するぶどうの品種・栽培方法にまで渡って厳格に定められています。

どのシャンパンを飲んでもハイクオリティに感じるのは、このような工夫によるものです。

*¹ 出典:SUNTORY-お客様センター

結婚祝いのシャンパン選び、大切なのは?

結婚祝いのシャンパン選び、大切なのは?

それでは、結婚祝いに喜ばれるシャンパンの選び方を見ていきましょう。重要ポイントは以下の2点です。

  • 結婚祝いとしてふさわしい相場
  • ワインの液色からのタイプ決め

それぞれ詳しくご紹介します。

まずは相場から予算を設定する

まず意識しておきたいのが、相場を踏まえた予算の設定。結婚祝いに贈るワインの相場は、

  • 友人、同僚、後輩など:5,000円~
  • 先輩、上司など、失礼のあっては困る目上の相手:10,000円前後~

ほどがふさわしいと考えられています。ワインは低価格帯にも美味しいものがたくさんありますが、フォーマルな結婚祝いとして贈るのであれば、相場を参考にしましょう

注意点として、結婚祝いは“結婚内祝い”としてお返しを受け取ることも多い贈り物です。あまり極端に奮発すると、相手に負担をかけてしまうおそれがあります。

相手との関係性によって、負担のない金額で贈りましょう。

ロゼか白か、液色からタイプを決めよう

相場の次は、いよいよシャンパン選び。ポイントとなるのが“液色”です。

以前はシャンパンと言えば白でしたが、最近ではロゼタイプのものも増えています。

ロゼ・シャンパンはピンクがかった液色が綺麗なほか、赤が混ざっているのでほのかなタンニンも感じられる、華やかさもあると、魅力が盛りだくさん。

相手に喜んでもらえそうなのはどちらか、検討してみることが大切です。

また、もしカジュアルな結婚祝いを考えているのであれば、シャンパン以外のスパークリングワインを選ぶ手も。

シュワシュワと泡立つお祝い感◎な特徴はシャンパンと変わらないうえに、安価で美味しいコストパフォーマンスの高い一本も多いです。

相手が気楽に受け取りやすい結婚祝いとして活躍するでしょう。

まとめると、以下のような形で選ぶのがおすすめです。

  • 白色のシャンパン:王道のシャンパンが贈りたい時や、上司など目上の方への外したくない結婚祝いに
  • ロゼ・シャンパン:華やかな雰囲気が好きな女性やハイセンスな方に贈る、おしゃれな結婚祝いに
  • スパークリングワイン:気心の知れた相手に贈る、カジュアル感のある結婚祝いに

ここからは、白・ロゼ・スパークリングの3つのジャンルに分けて、結婚祝いにふさわしい一本をご紹介します。

相手の好みにマッチしそうなものはあるか、ぜひチェックしてみてくださいね。

本格派の結婚祝いとして贈りたい「シャンパン」

本格派の結婚祝いとして贈りたい「シャンパン」

王道の白のシャンパンは、目上の方に贈るのにも役立つ本格派の結婚祝い。「シャンパンと言えばやはり白!」という、年を重ねた方にも喜んでもらいやすいです。

また、なかなかシャンパンを飲む機会の少ない若い方へプレゼントすれば、「シャンパンってこういう味なんだ!」と喜んでもらえる素敵なお祝いにもなります。

ここではコストパフォーマンスに優れたものから、世界的に有名なハイグレードな一本までセレクトしました。

【モニアル】キュヴェ コミュニオ ブリュット

【モニアル】キュヴェ コミュニオ ブリュットまずご紹介するのは、友達や同僚に贈る比較的カジュアルなシャンパンにぴったりな“キュヴェ コミュニオ ブリュット”。シャンパンの基準を満たしながらも手の届きやすい価格帯を実現している、コストパフォーマンスに優れた一本です。クセのないナチュラルな風味で、初めて楽しむシャンパンにも◎。舌の上や喉を通り抜けていく発泡感に、「シャンパンってこんなに美味しいんだ!」と喜んでもらえるはず。

【ルイ・ロデレール / フランス】ブリュット・プルミエ

【ルイ・ロデレール / フランス】ブリュット・プルミエ“ブリュット・プルミエ”は、「世界で最も称賛されるシャンパーニュ・ブランド2020」で第1位に輝いたメゾン『ルイ・ロデレール / フランス』のシャンパーニュ。ピノノワール・シャルドネ・ムニエと有名ぶどう3種類をブレンドし、リザーブワインには最低2年の熟成を経たもののみを厳選して使用。ゆっくりと余韻を楽しめる、複雑味のあるエレガントな味わいに仕上がっています。濃厚でありつつも、アタック(ワインを口に含んだ際の第一印象)はスッキリとしているため、ついつい次の一杯に手が伸びそうになるのも魅力です。

【モエ・エ・シャンドン / フランス】モエ アンペリアル

【モエ・エ・シャンドン / フランス】モエ アンペリアル数あるシャンパーニュメゾンの中でも屈指の知名度を誇るのが、『モエ・エ・シャンドン / フランス』。こちらの記念モデル“アンペリアル”は、『モエ・エ・シャンドン / フランス』のこだわりを詰め込んだ贅沢な仕上がり。ナポレオンをモチーフに命名された格式高い一本は、華やかな見た目と、しなやかな口当たりを堪能できます。調和のとれた風味で、料理を選ばずに楽しめるのも魅力。お祝いディナーの特別な夜の一本として喜んでもらえるでしょう。

【ヴーヴ・クリコ / フランス】イエローラベル ブリュット

【ヴーヴ・クリコ / フランス】イエローラベル ブリュット「どのシャンパンが良いのか目移りしてしまう…」そんな方にぴったりなのが、鉄板ブランド『ヴーヴ・クリコ / フランス』の一本。1772年創業と250年近くの歴史を誇るメゾンの一本は、力強さと複雑味を両立した、エレガントな味わい。キレ味の良い辛口でありながらも、しっかりと余韻も感じられる実力派のシャンパーニュ。初めての方から数多のシャンパンを飲み比べてきた方まで、贈る相手を選ばず満足してもらえるはず。

【ドゥーツ / フランス】ブラン ド ブラン ブリュット ヴィンテージ

【ドゥーツ / フランス】ブラン ド ブラン ブリュット ヴィンテージ『ドゥーツ / フランス』の“ブラン ド ブラン ブリュット ヴィンテージ”は、世界の三ツ星レストランやホテルでも採用されている高級シャンパン。長期に渡って熟成されたリザーブワインを、大胆にブレンドして作り上げた本格派。補糖をできるだけ押さえたこだわりのつくりにより、白ワイン好きにもたまらない辛口を実現しています。スーッと長く伸びて消えていく余韻は、うっとりと目を閉じてしまいそうになるほど。こだわりのあるグルメなあの人にも喜んでもらえるでしょう。

【ドン ペリニヨン / フランス】ドン ペリニヨン ヴィンテージ

【ドン ペリニヨン / フランス】ドン ペリニヨン ヴィンテージシャンパンの王様とも言うべき存在“ドン ペリニヨン ヴィンテージ”。シャンパンと聞いて、多くの方がイメージするであろう“ドンペリ”です。世界最高のワインを目指して作られた最高峰の一本は、重厚感のある辛口で、絶妙なバランスで造られるラグジュアリーな仕上がり。大切に一口ずつ飲みたくなる、洗練された味わいを実現しています。「あのドンペリを飲んでいる!」という満足感も◎。大切なあの人への、とっておきの結婚祝いとして贈りましょう。

華やかさもあり喜ばれやすい「ロゼ・シャンパン」

華やかさもあり喜ばれやすい「ロゼ・シャンパン」

液色の綺麗なロゼ・シャンパンは、お祝い感も◎。ロゼなのにシャンパンという珍しさもあり、多くのシャンパンを味わってきた方にも新鮮味を持って喜んでもらえます。

ロゼ・シャンパンは液色だけでなくボックスもピンクで飾っているなど、可愛らしい印象のワインも多いため、女性に贈る結婚祝いとしても活躍します。

そのほか、ロゼ特有の飲みやすさにより、普段はあまりワインを嗜まない方にまで喜んでもらいやすいのも嬉しいですね。

【ドゥーツ / フランス】ブリュット ロゼ ハーフボトル

【ドゥーツ / フランス】ブリュット ロゼ ハーフボトル「“重い”プレゼントにならない、気軽に喜んでもらえるロゼ・シャンパンを贈りたい!」そんな方にぴったりなのが、“ブリュット ロゼ ハーフボトル”。有名メゾン『ドゥーツ / フランス』の一本を、ハーフボトルにして手の届きやすい価格帯に。お手頃サイズで可愛らしいこちらの一本であれば、カジュアルな結婚祝いとして喜んでもらえるはず。もちろん、ハーフであっても、鮮やかなピンク色の液色やピノノワールの旨味を存分に引き出した味わいはそのままです。

【モニアル / フランス】ロゼ ドゥミセック 三越伊勢丹限定

【モニアル / フランス】ロゼ ドゥミセック 三越伊勢丹限定『モニアル / フランス』の“ロゼ ドゥミセック”は、三越伊勢丹限定品のロゼ・シャンパン。オレンジがかった美しい液色を楽しめるクリアボトルがテーブルの上を華やかに飾ってくれます。手掛ける『モニアル / MONIALモニアル』は、「家族の絆」を大切に作り上げているメゾン。結婚祝いで贈るロゼ・シャンパンに、コンセプトまでぴったりです。限定品なので「ほかの方と被りにくい結婚祝いが贈りたい!」という時にも◎。

【ヴーヴ・クリコ / フランス】ローズラベル

【ヴーヴ・クリコ / フランス】ローズラベル定番ブランド『ヴーヴ・クリコ / フランス』から、ロゼ・シャンパンもチョイス。実は、『ヴーヴ・クリコ / フランス』は、ブレンド法によるロゼ・シャンパーニュを最初に作ったとも言われるブランド。こちらの“ローズラベル”は、フルーティーな印象と重みのある濃厚さが共存した、満足感◎な一本に仕上がっています。ピンクカラーのロゴ入りボックスがおしゃれで、女性に贈るハイセンスな結婚祝いとしてもおすすめです。

【ドゥーツ / フランス】ロゼ ブリュット

【ドゥーツ / フランス】ロゼ ブリュットハーフボトルでない『ドゥーツ / フランス』の“ロゼ ブリュット”もセレクト。ピノノワールを主体としたボリューム感のある味わいは、合わせる料理を選ばず活躍します。三ツ星レストランや高級ホテルで提供されている味わいを、自宅で安心して楽しめる、今だからこそ嬉しい気配り◎なプレゼント。新婚夫婦二人でゆっくりとこのロゼ・シャンパンを味わえば、高級レストランを訪れるのにも負けない、思い出に残る特別なひとときになるでしょう。

【ルイナール / フランス】ルイナール ロゼ

【ルイナール / フランス】ルイナール ロゼ世界最古のシャンパーニュメゾンとも言われる『ルイナール / フランス』のロゼ・シャンパン“ルイナール ロゼ”。グラスに注ぐと少しゴールドがかったピンク色がキラリと輝き、シュワシュワと立ち昇る泡とあわせて、ラグジュアリーな空間を演出してくれます。味わいも本格派で、滑らかな口当たりの後にシャルドネの風味が豊かに広がる、重厚感のある贅沢な仕上がり。最高峰の白シャンパンにも負けない、高級感のある一本として贈ってみてはいかがでしょうか?

カジュアルな結婚祝いにも◎「スパークリングワイン」

カジュアルな結婚祝いにも◎「スパークリングワイン」

シャンパンのような華やかさを演出しつつも、カジュアルにお祝いできるスパークリングワイン

「シャンパンだとちょっと本格的過ぎるかな…?」と、気を遣わせたくない相手への結婚祝いにぴったりです。

ここではシャンパンや高級ワインに勝るとも劣らない、コストパフォーマンスの高いスパークリングを厳選しています。

【プロジェッティディヴィーニ / イタリア】ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ・エクストラ・ドライ

【プロジェッティディヴィーニ / イタリア】ヴァルドッビアデーネ・プロセッコ・エクストラ・ドライ圧倒的なコストパフォーマンスを誇るのが、『プロジェッティディヴィーニ / イタリア』の白スパークリング。2015年の「ヴィニイタリー(イタリア有数のワインの見本市)」で大賞に輝いた実力派の一本は、酸味と果実味のバランスが良く、心地良い飲み口が特徴です。スパークリングならではの軽快さもあわさり、どんどん飲み進めたくなる味わいに仕上がっています。手の届きやすい価格帯ながら、高級ワインにも匹敵する実力派。

【キャメルファームワイナリー / 北海道】ブラウフレンキッシュ スパークリング

【キャメルファームワイナリー / 北海道】ブラウフレンキッシュ スパークリング珍しいもの好きな方には、『キャメルファームワイナリー / 北海道』の“ブラウフレンキッシュ スパークリング”を。シャンパンにはない赤色のスパークリングで、グラスに注ぐと鮮やかなガーネット色の中に、キラキラと泡が立つ様子を楽しめます。タンニンの深みと発泡感、ベリーやバラを思わせる華やかな香りも魅力的。エレガントでお祝いにふさわしい一本です。

【ベラヴィスタ / イタリア】グランデ・キュヴェ・アルマ・ブリュット

【ベラヴィスタ / イタリア】グランデ・キュヴェ・アルマ・ブリュットイタリア・ロンバルディアの『ベラヴィスタ / イタリア』から、カジュアルに贈りやすい白のスパークリングをセレクト。「瓶内二次発酵方式」と呼ばれる、シャンパンにも活用される手法で作られており、高級ワインにも比肩するラグジュアリーな味わいを実現。洋梨を思わせるフルーティーな香りと、力強く残る豊かな余韻は、グルメなあの人にも舌鼓を打ってもらえるでしょう。

【ドンナフガータ /イタリア】ドンナフガータ ブリュット ミレジマート

【ドンナフガータ /イタリア】ドンナフガータ ブリュット ミレジマート最後にご紹介するのは、「スーパーシチリアーナ」で一躍有名となった、イタリア・シチリア州の白のスパークリング。30ヶ月以上もの期間、瓶内熟成を進めたこだわり派の一本は、青りんごを思わせる爽やかな香りとハーブの風味が混ざり合った円熟味のある味わい。カルパッチョのような魚介グルメの横に添えれば、シャンパンにも負けない特別なディナータイムを楽しめます。泡立ちが長時間持続するため、ゆっくりと食事を楽しみやすいのも嬉しいですね。

結婚祝いのシャンパン、最後にマナーをおさらい

結婚祝いのシャンパン、最後にマナーをおさらい

素敵なシャンパン・スパークリングは見つかりましたか? 吟味したワインをしっかりと喜んでもらうために、最後に結婚祝いの重要なマナーをおさらいしておきましょう。

大切なのは、「贈るタイミング」と「のし紙」です。

贈るタイミングに気を配る

結婚祝いを贈る時期は、結婚式をするのであれば「式の1ヶ月~2ヶ月前」がベスト。遅くとも、式の10日前には渡しましょう。

「せっかくなので式当日に…」という方も多いのですが、これはマナー違反。

当日の新郎新婦はなにかと忙しいうえに、贈った結婚祝いが荷物になってしまうため避けるべきです。特にシャンパンやスパークリングは重量のあるものですから遠慮しましょう。

式を挙げない場合は、結婚の連絡を受けてから、できるだけ早いタイミングにお祝いしましょう。

できるだけのし紙をかけておこう

結婚祝いのワインには、紅白ま結びののし紙をかけ、表書きに「御結婚祝」「壽」などと書き記すのが正式なマナーです。

相手との関係性などにもよりますが、“正式なお祝い”の印象が強まり、迷惑になることはあまりないのでできるだけかけておきましょう。

のし紙をかけられない場合には、電話や対面でお祝いの言葉を伝えるなど、しっかりと祝福の気持ちが伝わる工夫を忘れずに。

結婚祝いにシャンパンを贈って華やかなお祝いを!

結婚祝いにシャンパンを贈って華やかなお祝いを!

食卓をラグジュアリーに飾れるシャンパン・スパークリングは、華やかな結婚祝いにぴったりです。予算と液色を意識しながら選ぶと、相手にぴったりの一本が見つけられるのではないでしょうか。

この記事の内容を参考に、ぜひ素敵な結婚祝いを実現してくださいね。

MOO:D MARKでは、今回ご紹介した以外にも、結婚祝いにおすすめのシャンパン・スパークリングを取り揃えております。プレゼント選びでは、そちらもあわせてご活用ください。

シャンパングラス

記事でご紹介するギフトの他、
たくさんの商品をご用意しています。